超辛口?日本酒度+12【越乃景虎 超辛口本醸造】飲んでみた|飲み方|

私が飲んでみた日本酒の感想や飲み方を紹介していきます。

いろいろな温度帯で試してみました。

 

初めて「日本酒飲んでみた」シリーズを読まれる方は、まずこちらを読んでみてください。↓↓

 

今回の「日本酒飲んでみた」は、「越乃景虎 超辛口 本醸造」です。

「こしのかげとら ちょうからくち ほんじょうぞう」と読みます。

 

「辛口の日本酒」ってよく言われますが、この日本酒には、「辛口」にさらに「超」が付いています。

 

あくまでも目安の一つなんですが、日本酒の辛口・甘口を表すものとして、「日本酒度」というものがあって、+3とか-3とかの数値で表されます。

この数値の+(プラス)の数字が大きいと辛口の傾向になるといわれていて、一般的に「辛口だ」といわれる日本酒では、+5ぐらいのものが多いと思います。

 

その日本酒度が+12というこの日本酒。

かなり辛口に感じる日本酒なんでしょうか?

 

以前私が、「日本酒の甘口と辛口の違いって何?」という記事を書いたのですが、日本酒の「甘口」「辛口」というのは、その人の感覚や、飲んでいる環境などでも感じ方が違ってきます。

辛口の感じ方も、人それぞれなんですが・・・。

 

さて、この「超」辛口の日本酒、どんな味なんでしょうか?

飲んでみました。

 

日本酒の仕様(スペック)

●本醸造●

新潟県   諸橋酒造(もろはししゅぞう)

メーカー希望小売価格・・・  720ml・971円  1.8L・2019円(消費税別)※平成30年 12月時点

原材料・・・米 米こうじ(国産) 醸造アルコール

アルコール度数・・・15~16%

精米歩合・・・55%

日本酒度・・・+12

酸度・・・1.5

製造年月   平成30年10月

※データは変更される場合があります。

 

いろいろな飲み方で飲んでみた

●平成30年 12月●

辛口を思わせる、酸味のあるスッキリとした香りですが、お米の香りもあって、かすかにですがフルーティーさも感じます。

口に入れると、「あれっ甘いの?」と思うような甘みをほのかに感じるんですが、すぐに酸味が出てきて口の中に広がって、辛口に感じます。

のどごしがよく、全体にはスッと引いてくるんですが、甘みやうま味もほんのり感じて、酸味のピリッと感がしばらく残る感じです。

 

常温

20℃ほどで

ほのかにですが、お米のような香りが、やわらかく感じられるようになります。

口あたりがまろやかになってきて、酸味がある中にも甘みを感じてきます。

後味はやっぱり辛口な印象なんですが、甘みやうま味がほんのり出てきて、いいですね。

 

冷やして

8℃ほどで

かなりスッキリとした、辛口を思わせる香りになってきます。

口の中にすっと入ってくるんですが、ちょっと酸味や苦みを強く感じてしまいました。

私の好みですが、この日本酒はあんまり冷やしすぎないほうがいいかな。

 

15℃ほどで

8℃の時と比べると、香りがやわらかく感じられるようになります。

最初にふっと甘みを感じて、口あたりも優しくなってきます。

全体にはやっぱり辛口でスッキリとした印象なんですが、甘みやうま味が顔を出してきますね。

 

燗つけ

40℃ほどで(ぬる燗)

ちょっとアルコール感が出てきますが、ふわーっとしたやさしい香りになってきます。

口に入れると、スッキリとした中にもやわらかい甘みを感じて、辛口感が薄れてきます。

甘みの後にじわーっと酸味も広がってきて、口の中にしばらく残る感じが心地いいですね。

寒い日に、あったかい料理といっしょにじっくり飲みたいなあ。

 

50℃ほどで(熱燗)

アルコールの香りが、ツンっとした感じになってきます。

味わいもピリッとしてきて、ぬる燗よりも辛口感が出てきますね。

でも、意外にも甘みやうま味もけっこう感じて、悪くないなあと思いました。

 

試しに60℃ぐらいまでにしてみましたが、カーっとなってしまって、さすがにキツかったです。

真冬の寒ーい日にあったまるのにはいいかもしれませんが・・・

 

飲んだ感想のまとめ

温度帯別の評価

温度帯別の評価
・常温(20℃)・・・◎

・冷やして(8℃)・・・△
・冷やして(15℃)・・・〇
・燗つけ(40℃)・・・◎
・燗つけ(50℃)・・・〇

 

辛口感を味わうには、冷やして飲んでもいいですが、少し温めたほうが味わいがあっていいですね。

私はぬる燗が一番好みでした。

淡麗な辛さの中にも、甘みやうま味も感じられて、じんわりあったまります。

 

飲み方やつまみなど

徳利とおちょこで燗をつけて飲みたいですね。

あっさりめのつまみに合うと思います。

魚の塩焼きにすだちをしぼったものなんかいいですね。

このお酒の酸味とマッチしそうです。

冬の寒い日には燗をつけて、あったかい鍋にも合うと思います。

ちょっと酸味がある日本酒なので、ポン酢で食べる鍋なんかいいですね

 

最後に

「超辛口」という名前がついている通り、たしかに辛口な印象の日本酒でした。

新潟の超軟水で造られた淡麗な口あたりと、適度に感じる酸味が、辛口を作り出しているようです。

 

でも、ただ辛いだけじゃなく、温度によっては甘みもほんのり感じられるので、人によっては「辛口じゃないよ。むしろ甘いかも。」なんて感じる方もいるかもしれません。

このあたりが、日本酒の味わいのおもしろさですね。

 

同じ日本酒を飲んでも、香りや味わいの感想は、人それぞれなんです。

 

あなたの日本酒の世界がもっと広がるといいですね。

お気に入りの日本酒を見つけてください。

 

「自分が好きな酒が一番いい酒」です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA